バンドメンバープロフィール

《掲載:アイウエオ順》

11281739_1006464862699976_2069893621_n

キーボード:市村学(いちむらまなぶ)

1964年山梨県生まれ ◯16才で上京。芸能プロダクション「トランザムオフィス」所属ベーシスト富倉安夫に師事。 自身のバンド「Men-Soul」結成。CDシングル「1981/キングレコード」発売直前に脱退。 ◯22才ころから音楽制作会社「PAGE ONE」にて、CM制作やラジオ番組制作に従事日産、マツダ、フェラーリなど自動車関連CM制作 ラジオ日本「ピンクアニマルアイランド」「東京パニックごっくんナイト」番組制作 久保田利伸や遊佐未森、新田恵理、岡村靖幸、AMAZONS、角松敏生などのアーティストと 音楽制作 ◯24才。太田プロダクション所属。 コミックバンド「SMP」でタレントとしてデビュー の傍ら、同プロダクションタレントとの音楽活動も片岡鶴太郎、北野武、ダチョウ倶楽部など ◯その後博多めぐみ(元米米クラブ)との出逢いから「バビロン大王」結成芸能プロダクション「ソニーミュージックエンターテイメント」に所属FUNHOUSEから アルバム「あらくれ者」でデビュー、アルバム2枚、シングル4枚リリースするも1993年解散。◯その後は自身のバンド「TOB」で2000年にCD「EVE」リリース2013年「Men-Soul」再結成しオムニバスCD「激鉄」に参加。2014年12/7 アルバム「MEN-SOUL Returns」リリース。 ◯瀬戸龍介さんや花世さんとの出逢いから今のスタイルで音楽活動中。

 

acchi-1

ベース:大池篤志(おおいけあつし)

平成2年生まれ、石川県出身 中学生3年からベースをはじめ、同時に4人組ロックバンド「Funny Quartet(ファニーカルテット)」 を結成し石川県内で活動開始。さまざまなライブハウスや会場で演奏を経験し、2010年バンドを脱退し上京。

その後さまざまなバンド、アーティストのベースを担当し精力的に音楽活動を行っている。 2011年、瀬戸龍介さんと一緒に初めてステージの上に立って以降、音楽のみならず人生規模で大きな 影響を受けています。

 

12007105_729378333835614_631847501_n

ドラム・パーカッション:Seimei Kobayashi

生田流箏曲師範の家に育ち、 オーケストラ・パーカッションプレイヤーを経て現在に至る。

2014年 花世 “LUVIAN HANAYO SETO” アルバム/いのちのよろこび 参加。 http://galaxymusic.net/?page_id=227

☆主な共演者

古謝美佐子(坂本龍一、ネーネーズ、加藤登紀子、夏川りみ)BANDメンバーとして沖縄SATSANG YOGA×MUSIC FESに参加。 http://youtu.be/JUDG_LSSyZ8

http://yogasatsang.jp/en/yoginis/#yn03

SOKUSAI(EB/村上ポンタ秀一、JUJU、MISIA、八神純子) 瀬尾高志(JAZZ Bass/板橋文夫FIT) 西山”HANK”史翁(EG/久保田利伸、SHANTI ) 丈青/Pf、元晴/SAX、秋田ゴールドマン/BASS. (SOIL&”PIMP”SESSIONS) and more.

PAISTE CYMBAL (Switzerland) モニタープレイヤー http://moridaira.jp/paiste/paiste-artists-in-japan

 

11349966_797327670336476_1562414176_n

ピアノ:難波益美(なんばますみ)

岡山県私立山陽女子高等学校音楽科ピアノ専攻卒業。 武蔵野音楽大学ピアノ専攻卒業。 同大学岡山支部、新人演奏会出演。 ピアノを真田美知子、中山敬子、上村英郷、斉藤香織、 オペラ伴奏法を横山修司の各氏に師事。

第17回日本ピアノ教育連盟オーディション本選出場。 第58回福山音楽コンクールピアノ連弾部門ベストパフォーマンス・福山市教育委員会賞受賞。

大学卒業後labo opera 絨毯座 旗揚げ公演”cosi fan tutte”の稽古ピアニストAND本番ピアニスト(連弾)をきっかけに演奏活動を開始。 近年では2015年宝塚歌劇”ルパン三世〜王妃の首飾り”初演にてシンセサイザーを務める。

劇音楽の音楽スタッフ、各種コンサートでの伴奏、演歌・歌謡曲・POPS・オールディーズなどのバックバンド演奏(シンセサイザー&ピアノ担当)など、多彩なジャンルの演奏活動を活発に行う。

Blog http://ameblo.jp/masumin1219/

 

wan-3

バンドマスター・ギター:渡辺誠(わたなべまこと)

弦が1本だけのガットギターが何故か家にあった。 14歳の冬ギターに目覚める。
当時は不良と言われたエレキギターを手にしてベンチャーズに憧れ引き倒す毎日。
その後当時流行っていたハードロックなどには目もくれずR&Bやブルースに傾倒しデビットTウォーカー、エリックゲール、コーネルデュプリーなどが参加しているレコードを聴き倒し高校生の時に地元高知のコンサートツアーに来た「憂歌団」の前座でバンド出演。
その後上京、堤大二郎ほかアイドルタレントなどのサポートを経て瀬戸龍介氏と運命の出会いに至る。
音楽は愛のメッセージ。 愛ある歌のサポートでギターを弾くのが一番幸せな時間です。