Profile

seo2013ビートルズ、キングストン・トリオ、フランク・シナトラと、
当時の最高のアーティスト達がみんなキャピトル・レコード専属だった。
瀬戸龍介も高校の時より、そのキャピトル・レコードのアーティストになることが最大の夢だった。
シアトル・マリナーズのイチローがメージャー・リーグでプレイをするのが夢だったように、
彼はその夢だけをかついで渡米した。しかし、飲まず食わずの毎日…
でも、ついにそんな彼にもチャンスが訪れた!
サンタモニカのトルバドールというライブ・スポットのオーデションに合格したのだ。
当時、キャロル・キング、ジェームス・テイラーらのプレイする
ウェスト・コーストの最高のスポットだ。
その日、各メジャー・レーベルはみんな新人発掘に来ていた。
日本からのロック・グループ、”EAST”は、最高の出来だった!
そしてメージャー3社から次々とオファーがあった!
勿論、答えはキャピトルだった!
彼らのファースト・アルバム「EAST」は
エルトン・ジョンのアルバムと並んで、ビルボード10位の快挙であった!
その後、小澤征爾、武満徹らと世界的な琵琶の演奏家の鶴田錦史に師事し、
アルバム「五六七」「KEGON」を次々に発表した。ただ、音楽業界の中で
不自由に活動することにあき足らず、彼は自分のビジネスをスタートさせた。
そして、かねてからの夢のレコーディング・スタジオを完成し、
今、彼は、新たなる出発点に立っている。
世界に向けて常に、新たなるニュー・フロンティアを追求し続ける瀬戸龍介。
彼の心は今、何を見ているのであろうか?

レコーディング&ライブ・コンサート―ゲストメンバー録
バンドメンバー録